忍者ブログ
ブログは初心者、調べて真似して稼ぐ。 備忘録です。
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]



ホームページをきちんとするには、




HTMLタグを学んでみました。





そして、HTMLの一覧をメモしました。(「ホームページの作り方」から引用)



○改行の<br />と段落分けの<p></p>

改行をするときは<br />を、段落分けをする際には<p>を使用します。
連続してもうひとつを記入して<br /><br />とすると、一行分の空白が空くことになります。
pは開始タグと終了タグの両方<p></p>をセットで囲います。

○リンクのhtmlタグ <a href=""></a>

<a href="リンク先のURL/">こちらのサイト</a>
画像でリンク、<a href="リンク先のURL/"><img src="リンク先のURL/image/sayu.jpg"alt="こちらのサイト" width="233" height="165" border="0" /></a>
こちらのサイト=「アンカーテキスト」の部分は非常に重要な要素になり、このアンカーテキストはリンク先のページ内容を示す言葉になります。そのページ内容を的確に表現するキーワードを入力しましょう。

○文字の太さと強調 <b>と<strong>

文字を太くするには<b></b>タグで囲い、意味を強調する場合には<strong></strong>タグを使います。

○画像を表示する <img src=

<img src="http://" alt="" width="" height="" border="0" />
①srcには画像のあるURL ②altに画像の説明文 ③widthに横幅 ④heightに高さ
⑤borderには境界線の指定

○見出しを記述する h1,h2タグ

見出し部分はh1やh2タグで囲って記述します。<h1>ととと</h1>、<h2>ととと</h2>
「h1」はそのページでひとつのみ、「h2」や「h3」は複数記述されているケースが多いです。大見出し → h1、中見出し → h2、小見出し → h3。

○箇条書きでリスト化する <ul><li>

箇条書きにしてリスト化するにはul、liのhtmlタグを使います。また、番号付きでリスト化するには、ul、liではなく、ol、liを使うようにしましょう。
リスト化するそれぞれの要素を<li></li>で囲みます。そして、それらをさらに<ul></ul>で囲みます。
<ul>
<li>じゃがいも</li>
<li>豚肉</li>
<li>にんじん</li>
<li>たまねぎ</li>
</ul>

番号付きの箇条書きリスト
<ol>
<li>じゃがいも</li>
<li>豚肉</li>
<li>にんじん</li>
<li>たまねぎ</li>
</ol>


○表を作成する <table>タグ

「tr」と「td」で「縦方向の列」と「横方向の行」を指定していきますが、「trタグは縦方向 ↓」、「tdタグは横方向 →」と覚えておくとわかりやすいです。
<table border="1" cellspacing="0">
<tr>
<td>要素</td>
</tr>
</table>


○横線や破線を引く <hr />タグ


○下線を引く <u>タグ   <u>ととと</u>


○ブロック分けのhtmlタグ <div></div>


○背景色の指定 <div style="background-color:#ffffff;"></div>


○文字色の指定 <span style="color:#ff0000;"></span>


○ページのメタ情報を記述する <meta タグ

<head>タグで囲まれた先頭部分には、「そのページに関するメタ情報」をまずは記述しておきます。このメタ(meta)情報というのは、「高次の」とか、「上位の」といった意味になりますが、本文の<body>タグよりも上位にあたる大切なhtmlタグです。
このmetaタグ内の情報が適切に書かれていないと、文字化けが生じてしまったり、検索エンジンでヒットしなかったり、あるいはスタイルシートが反映されなかったりするので注意しましょう。

<meta name="accept" content="受け入れる" /> 短いと無視されますので、60~100文字前後で記述することをおすすめします。
ファイルを保存した際の文字コードも設定しておきましょう。
こちらは<meta name=ではなく、http-equiv属性で以下のように記述します。
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
上記は文字コードがutf-8の例ですが、シフトジフなら charset=shift_jis" />を、euc jpなら charset=euc-jp" />などと記述しておきます。


○コメントを挿入する <!-- -->
コメントタグ<!-- -->で囲った箇所はサイト上では表示されません。主に、サイト運営者が自分用、あるいは共同作業者へのメモとして記述するために使います。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
スポンサー
World-Word-翻訳
カテゴリー
BlogPeople
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ブログ投稿で稼ぐやり方まとめ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]