忍者ブログ
ブログの投稿に関すること、Wordpressの投稿に関すること、資産運用に関することなどなど、いろいろなことを書いているブログです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

昨日の続きを続けました。




3.WordPressのログイン画面が出ない場合


下記のいずれかのURLを入れれば管理画面を表示させることができます。
↓↓↓
・https://サイトURL/wp-admin/
・https://サイトURL/wp-login.php
・https://サイトURL/wp/wp-login.php




すべてダメでした。




5.プラグインの影響でログインできない場合


プラグインを入れたのが原因で
ログインできなくなることがあります。
これを解消するためにはプラグインを一旦無効にする必要があるんですが、
ダッシュボードにログインできないので、
FTPでプラグインを無効にする必要があります。





FTPソフトから /wp-content/plugins/にアクセスし、
原因のプラグインを削除しました。(2つ)

ダメでした。





う===ん、もっと調べたら





まだあったので、やりました。





鉄王さんのブログから





(1) phpMyAdminでデータベースの中をのぞき、



options テーブルの siteurl, home の値を



http://www.example.com/wordpress に書き戻す。





cPanel → PhpMyAdmin → データーベース 


→ options








 
PR
レンタルサーバーMixHostからの回答はまだ来てなーーい。




土曜日、日曜日だもの仕方ないわぁ。




今日も自分で探してみるわぁ。




昨日の続きだと、あと可能性があるのは、




3.WordPressのログイン画面が出ない場合


下記のいずれかのURLを入れれば管理画面を表示させることができます。
↓↓↓
・https://サイトURL/wp-admin/
・https://サイトURL/wp-login.php
・https://サイトURL/wp/wp-login.php




5.プラグインの影響でログインできない場合


プラグインを入れたのが原因で
ログインできなくなることがあります。
これを解消するためにはプラグインを一旦無効にする必要があるんですが、
ダッシュボードにログインできないので、FTPでプラグインを無効にする必要があります。




この2つをやってみます。



 

今更ですが、ブログの更新を広く知らせるために、





更新情報をping送信でできるということを。





そのやり方をまとめておきます。





▼PC版(参考にして自分でやってみる)

ブログの「管理画面」 → 「設定」 → 「環境設定」 → 「ブログの設定」

→ 「更新情報(Ping)設定」内の「Ping送信先」に

ブログ村の専用Ping送信先URLを設定してください。
▼スマホ版

FC2ブログの「管理画面」 → 「設定(画面右上の歯車マーク)」

→ 「PC表示(OK)」 → 「環境設定」 → 「ブログの設定」

→ 「更新情報(Ping)設定」内の「Ping送信先」に

ブログ村の専用Ping送信先URLを設定してください。
どのブログでも必ずPing送信用の設定欄があるはずです。

探してこれをきちんと設定してPing送信をしていきましょう。
       

ping送信とは(参考まで)
pingとは自分のサイトを更新した時、

自動的に登録したサイトに更新を連絡してくれる機能です。
ping受信サイトは、

ping送信で送られてきた更新されたサイトやブログを

速報のようにページにアップしてくれます。

時々無料ブログとかでも「新着記事」として

紹介される仕組みがありますよね。
Ping送信によって急激なアクセスアップに

つながることはないですが、

YahooやGoogleの検索ロボットが新しい記事を見つけやすくなります。
この検索ロボットに見つけてもらい

インデックスされないと検索結果に

自分の記事が表示されませんので

ping送信先を設定し、

記事を書いたらping送信して検索エンジンにも

早くインデックスしてもらいましょう。










今日初めて知った事があっりました。





ツイッターTwitterの投票機能が面白いようです。




「Twitter「投票」機能の使い方」





①Twitterの アプリを開き、投稿画面から「投票」のボタンをタップします。





 ②投稿内容と質問内容を埋めます。質問内容は、最低で2項目、最高で4項目まで設けることが可能です。




③投票期間を設定します。期間は1度設定すると変更ができないため、注意が必要です。




「投票結果の確認」





画面上に出ているのはパーセンテージ表記です。実数値ではないので。




渡しの場合は、フォロワーとの親近感醸成ですが、





Twitterの投票機能の活用が効果的な プロモーションであり、





実際にユーザーが「投票」というアクションを行い、





少なからず情報を目にしたことが確認できるのが一番の強みですね。











今日もWord Pressを調べたが、





結論はでません。




有料でサーバーとドメインを用意して





本当にもとがとれるのだろうか?





明日もまだ続きます。




スポンサー
World-Word-翻訳
BlogPeople
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ブログ投稿で稼ぐやり方まとめ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]